オリジナル結婚式招待状の作り方

これから結婚をしようという人にとって結婚式の準備をしていくといろいろとこだわりたい部分があります。結婚式の招待状もその1つでしょう。招待状1つでどんな結婚式なのか、どんな人と結婚するのか。もらった人は祝福の気持ちと同時に期待感がふくらみます。結婚式場でもさまざまなタイプの招待状が用意されるようになり、挙式をあげる人は迷うぐらいですが、もっとオリジナリティーを出したい人は手作りがよいです。手作りと言っても全部を作るのではなく「招待状作成キット」のようなものが販売されていますのでこれを活用します。 ではどこでこのキットが販売されているのか。大手の量販店や雑貨店、ペーパーアイテムの販売店であれば置いてありますが、数が多いのはインターネットの通販です。 「結婚式 招待状」と検索をすればたくさんの種類のペーパーアイテムがでてきます。和紙で作られたものやプラスチック樹脂をコーティングしたもの、上質紙を何層も重ねたものなど紙の種類だけでも何十種類とあります。加えて紙に臭いがついていたり、大きいものになると音楽がなるようなものもあります。こういった種類の中から自分オリジナルの招待状を作っていきます。 これらを上手に使うこつは使い分けることです。招待状は席札や席次表のように全ての人が当日持ってきて比較するようなものではありません。席次表や席札であればある程度統一感を出しておかないとバランスが悪くなってしまいます。しかし個人宛に届くものであればその心配をする必要はありません。従って上司には少しフォーマルな感じのもので白を基調とした雰囲気のあるもの、職場の仲間にも同じような雰囲気のものの方が無難でしょう。しかし友達関係になると結婚式の華やかなイメージを伝えるものであればよいでしょうし、子どもも併せて招待するようなひとであればキャラクターのついているものもよいかもしれません。自作のペーパーアイテムで作るものはこのあたりのアレンジがかんたんにできます。しかも、ちょっと付属のもの買ってきて追加したり、包んだりするだけで一気に雰囲気が変わります。 価格も式場に頼むよりは、はるかに安く1セット150円程度から販売されています。もちろんこれよりも安い商品もあります。自分の予算に応じて購入するとよいでしょう。 このようなペーパーアイテムの活用はとても楽しいものですが時間がかかります。準備には余裕をもって行えるようにしましょう。