結婚式の招待状はお早めに

最良の伴侶に巡りあい、結婚することが決まるととたんに結婚にむけての準備で忙しい日々が訪れます。お互いの両親とのご挨拶から始まり、新居探し、結婚式や披露宴の会場探し、婚約指輪や結婚指輪の準備、結婚式後に新婚旅行へ出かけるカップルも多いです。とにかく用意すべきこと、考えなければならないことが山積していますが、なかでも結婚式にまつわることで決めなければならないことはたくさんあるうえに、気をつけなければならないマナーも多いです。結婚式や披露宴の招待状に関してもそれは当てはまります。まずご招待する人が決まったら招待状を用意しましょう。招待状の形式はさまざまですが、結婚式場のスタッフがサンプルを見せてくれますので、気に入ったデザインのものに、例文を参考にして文章を完成させましょう。このとき、型にはまった文章では納得がいかない、ということであれば、自分なりの言葉でご招待する皆さまへのメッセージを作成することもできます。また式場で用意されたもののデザインが今ひとつ気に入らなかったり、もっとオリジナリティーのある招待状を作りたい場合などは、自分でいちから作成することもできます。その場合、持ち込み料がかかることもありますので、事前に確認しておきましょう。最近はプリンターなども自宅で手軽に使用できます。自分で作成したほうが費用が安く済む、という理由で招待状作成を自分でおこなう人もいるようですが、持ち込み代金や手間ひまとの兼ね合いでこの辺りの判断はおこなったほうが良さそうです。招待状の差出人は多くの場合は新郎新婦の保護者(親)1名ずつを連名で書くのが一般的です。しかし最近は結婚前に同棲している、などの事情がある場合も多く、そうした場合には実家の住所では返信の際に不都合という事態もあるようです。そのため、保護者ではなく新郎新婦自身の名前が差出人になっているケースも見受けられます。招待状を投函するマナーとしては、消印に大安吉日の日付が刻印されるように投函する日取りを選ぶというのが常識のようです。が、これについても最近ではこだわりが薄れてきているようで、とくに急ぎの場合などはなるべく日柄のよい日、たとえば友引などを選んで投函する、という方法も増えているようです。大切なのは受け取った方が不快に思わず結婚を祝福してくださることなのだと思います。このように結婚には込み入った準備が必要になってきますので、できるだけ余裕をもって準備にあたっていただきたいと思います。