結婚式で印象に残っているムービー

私は何度か友人の結婚式に参列した事があります。式の最中にムービーを流すのは、今では恒例のイベントとなっています。その中でも印象に残っているムービーについて書きたいと思います。新郎新婦はともに趣味が旅行でした。日本全国旅行するのが楽しみで、各地で2人の写真も多く撮っていました。そのため、エンディングの時には、参列者を住んでいる都道府県別に選別しました。そして、北海道から順番に参列者の名前を表示します。それと共に、2人で旅行先で取った写真も一緒に表示させていました。このようにすることで、2人の趣味や仲の良さがヒシヒシと伝わってきました。また、そのアイディアも素晴らしいと思いましたし、自分達の住んでいる地域ではどこに行ったのだろうという楽しみ感じる事が出来ました。ムービーは個性があって、いつも楽しみにしています。

結婚式に流すムービーについて

結婚する二人にとって、披露宴はとても大切なものになります。準備することも多いので大変だと思います。家族のみの式もあれば、友人や親戚など多くの人が集まる披露宴もあります。人それぞれの形がありますが、やはり思い出深い式にしたいと思うことでしょう。そこでおすすめしたいのが自分達で動画を作ることです。ただでさえ忙しいのですが、今は便利なソフトもあったりするのでそれを利用して作成したりすると更に二人の中も深まるのではないでしょうか。二人の馴れ初めの写真や友人が写ったりする写真、もちろん家族や親戚出席している人達が全員入ると良いですが、それは無理がありますので、小さい頃を知っている人達はとても懐かしくなりますし、学生時代ともに過ごした友人も懐かしくなって、会話も弾むことでしょう。知らない人同士座ることもある座席ですが、話やすくなります。新郎新婦のお着替えの時に、結婚式で手作りのムービーを流すことはとても良いアイデアだと思います。

結婚式の最後に流されるムービーのコメント

最近の結婚式では式の最中に新郎新婦に向けたメッセージを求められる事があります。カメラに向かってメッセージを言うのですが、全てのテーブルをカメラが回り全員分のメッセージを撮ります。これをすぐに編集して式の最後にムービーとして流すのですが、ほとんどの人がありきたりなメッセージを言っています。中には酔っ払ってしまい何を言っているのか分からない人もいたりしますが、それはそれで会場を湧かせます。小さな子供達は自分の姿が映ると恥ずかしそうに嬉しがります。このムービーは記念として新郎新婦へ贈られる事もあるようなので、だいたいの人達は真面目にコメントしますが私は違います。少しでも印象付けるように少しふざけた事を言ったりしています。隣にいる妻は嫌がっているのですが子供達はゲラゲラと笑い喜んでくれています。会場でも笑いがおき何とも言えない爽快感を感じる事ができます。