結婚式の招待状の返事の書き方

結婚は新しい人生の門出です。そのスタートともいえる結婚式の招待状を頂いた時、どのように返事を書けばよいのだろうかと悩んでしまう人も多いと思います。今回はその返信のマナー、注意点を挙げながらその書き方をレクチャーします。友人や親戚など、親しい間柄の場合、結婚式への招待はまず電話で連絡などを貰う場合があると思います。その後に招待状を頂いた時、以前電話した際の返事で大丈夫だろうと返事を出さないのはマナー違反です。しっかりと返事を出しましょう。ほとんどの結婚式の招待状には、返信期日が設けられていると思いますが、招待する側が出席者の席次や料理などを手配しなければならないため、2~3日中に添えられたはがきに返信、遅くとも一週間以内にというのが理想的です。

その際、毛筆か万年筆で書くのが正式ですが、書き慣れていないならボールペンでもかまいません。文字の色は黒です。グレーは不祝儀で使用される色ですのでお祝い事ではタブーです。かならずインクは黒のもので書きましょう。また、句読点は使わずに書くのも良いとされています。招待状には「お祝い事には終止符を打たない」という理由から「、」や「。」などの句読点は使わないとされる場合もあるからです。ここまでは結婚式に出席するという前提での返信についてでしたが、ここからは欠席、もしくはまだ出席できるかどうかわからないといった場合の対応について記していきます。どうしても都合が合わずに欠席する場合、あまりに早い返信は最初から出席する気がなかったと受け取られてしまう場合もありますので注意しましょう。出席できるか直前までわからない場合、電話でお祝いの言葉ともしかしたら出席できないかもしれないという旨を伝えましょう。その後、出席できないということになった時にあらためて返信を出すと、非常に残念だけど出席できなくて申し訳ないという気持ちが相手方も伝わると思います。欠席する場合、返信に簡単な理由やお詫びの言葉を書きますが、多忙や忙しいなどの理由は失礼にあたります。

病気や怪我、突然の不幸などの言葉を記すのもお祝い事に水を差すことになりますので注意しましょう。この場合は特に理由を明記せず、出席できないという旨だけを伝えましょう。また、出席欠席に関わらず、お祝いの言葉と招待を受けたお礼の一言を添えるのも礼儀です。このように注意する点が多い結婚式の招待状の返信ですが、マナーに気をつけ、常識の無い人とレッテルを貼られることのないように心がけましょう。